ITSM 707855
GLEIF – Global Legal Entity Identifier Foundation

私たちは、よりスマートで、費用が少なく、信頼性のある取引相手の決定を可能にします

サービス 使用方法

取引主体識別子サービス GLEIFによる

LEIと銀行業務における顧客のライフサイクル管理 - 40億ドルがスタート地点

マッキンゼーがGLEIFの代理で実施した調査では、取引主体識別子(LEI)が広範囲に採用されれば、世界の銀行業界は顧客オンボーディング費用だけで年間20億~40億ドルを削減できると結論づけました。この業務への年間支出総額の400億ドルに対する削減率は、5~10%の間となります。

GLEIFの電子ブックをダウンロード
GLEIF、年次報告書を発表

GLEIFは、人間と機械が可読なインラインXBRLとHTMLの形式で、年次報告書とGLEIFの署名する執行役員のデジタル証明書の両方に取引主体識別子(LEI)が埋め込まれた年次報告書を2年連続で公表しています。

年次報告書をダウンロードする

各企業にひとつのグローバルID

GLEIFのミッション

GLEIFは、世界中の取引主体を一意に識別する確かなサービスと、オープンで信頼性の高いデータを提供するため、パートナーのネットワークであるLEI発行組織を管理しています。GLEIFのサービスは、グローバルLEIシステムの整合性を確保することです。

私たちのビジョン

GLEIFは、世界中の企業が唯一のグローバルIDを持つべきだと考えています。このIDには、デジタル識別を含める必要があります。LEIを持つことが、この目的の達成を助けます。グローバルLEIインデックスの活用は、市場参加者がコストを削減し、業務を単純化して加速し、グローバル市場に対するより深い見識を得られるようにします。

ガバナンス機構

LEIの取り組みは、G20と金融安定理事会(FSB)によって推進されています。2014年にFSBによって作られたGLEIFは、唯一の公開で非独占的な、公共財として設計された取引主体識別システムの管理を委託された、超国家的な非営利組織です。

GLEIFの活動とニュース

GLEIFデータ品質報告書 日付: 2020-07-07 最新のLEIデータ品質報告書

2020年6月30日に実施された評価からは、LEI発行者35社のうち33社が引き続き必要とされるデータ品質を達成したことが明らかになりました。この指標は、過去4カ月間の報告期間において引き続き90%を超えて安定しています。前月と比べて、成熟度2を達成したLEI発行者の数はさらに増加し、LEI発行組織の40%は、ポートフォリオ全体に対して期待されるデータ品質を示しています。さらにGLEIFは、個々のLEI発行者が達成したデータ品質水準の分析を行う新しい月次報告を発行しました。

GLEIFブログ 日付: 2020-07-23 GLEIFが2020年第1四半期を網羅する四半期別グローバルLEIシステムビジネスレポートを発行

グローバルLEIシステムビジネスレポートでは、LEIの採用に関する主な傾向に焦点を当て、LEIデータプールの詳細な分析を提供しています