ITSM 707855
最新の「GLEIFの説明(GLEIF Explains)」シリーズのビデオをご覧になりましたか?まだの方は、こちらから最新のエピソードを今すぐご視聴ください

取引主体識別子サービス GLEIFによる

GLEIF & IDCテクノロジースポットライト:トラストによるビジネス推進 - デジタルIDの持続的な役割

IDCがGLEIFのために実施した調査によると、デジタル的に成熟した組織の79%はデジタルトラスト構築プログラムを優先課題としており、37%はデジタルビジネスの運営において「デジタルトラストに対するリスクの軽減」が簡単ではないことに気づいています。IDCはこの状況を鑑み、今後EMEA諸国においてデジタルアイデンティティおよびデジタルトラスト(IDT)関連技術が大きく成長すると予測しています。GLEIFが後援する今回のIDCテクノロジースポットライトでは、LEIとvLEIがどのような形でグローバルサプライチェーンの効率、セキュリティおよびイノベーションを強化できるか、詳しく取り上げます。

PDFをダウンロード

GLEIF、年次報告書を発表

GLEIFは、2021年の年次報告書の署名に検証可能な取引主体識別子(vLEI)を初めて使用し、人間および機械が読み取り可能なインラインXBRLおよびHTMLフォーマットで年次報告書を公開しました。

年次報告書をダウンロードする

各企業にひとつのグローバルID

GLEIFのミッション

GLEIFは、世界中の取引主体を一意に識別する確かなサービスと、オープンで信頼性の高いデータを提供するため、パートナーのネットワークであるLEI発行組織を管理しています。GLEIFのサービスは、グローバルLEIシステムの整合性を確保することです。

私たちのビジョン

GLEIFは、世界中の企業が唯一のグローバルIDを持つべきだと考えています。このIDには、デジタル識別を含める必要があります。LEIを持つことが、この目的の達成を助けます。グローバルLEIインデックスの活用は、市場参加者がコストを削減し、業務を単純化して加速し、グローバル市場に対するより深い見識を得られるようにします。

ガバナンス機構

LEIの取り組みは、G20と金融安定理事会(FSB)によって推進されています。2014年にFSBによって作られたGLEIFは、唯一の公開で非独占的な、公共財として設計された取引主体識別システムの管理を委託された、超国家的な非営利組織です。

GLEIFの活動とニュース

GLEIFデータ品質報告書 日付: 2024-04-08 最新のLEIデータ品質報告書
GLEIFブログ 日付: 2024-03-21 LEI Lightbulbブログ記事連載第16回 - インドにスポットライトを当てる - 第2章: 普及を続けるLEIが照らし出す、金融犯罪撲滅への道筋

規制整備が叫ばれるインド全土で勢いを止めることなくLEIが普及し続ける状況は、金融犯罪と戦う世界の関係者にとって説得力のある前例となりつつあります。